2019年度総会とブサイディ大使の講演会が開催されました

2019-05-01

 

去る4月18日、東京広尾のオマーン大使館にて2019年度の総会が開かれました。春らしい晴天の中、50名の会員が出席し(委任状を含め半数以上)、森田監査役の司会のもと滞りなく進められました。

当日は珍しく遠藤名誉会長のお姿がありませんでしたが、その理由は? 実は、中江事務局長がオマーンに寄贈されたアゲハチョウ等の昆虫約7000頭の展示・説明のため、その晩に中江事務局長とともにオマーンへ発つことになっていたのです。オマーンでは子ども達が昆虫を集める習慣はなく、また、アラブ諸国の中でもこのような標本は類がなく、世界のアゲハ蝶研究会とオマーンクラブからの大変貴重な贈り物となりました。

今年度は、オマーン人留学生の講演会や写真コンテスト等、新しい活動も計画されていることが報告されました。また、ジョーンズ会長から、当クラブには様々な才能を持った会員が集まっており、いろいろな案を出し合って、自発的な活動を進めてほしいとのお言葉があり、それに対し、会員からも自身の経験を活かした活動の提案がありました。


 

総会の後は、コーヒーブレイクを挟んで、ブサイディ新大使によるプレゼンテーション「Hidden Jewels of Oman (オマーンの隠れた宝玉)」が行われました。大使は物理学の博士号を持ち、大学で教鞭をとっておられた方です。まずは、アラブ人で初めてアメリカ合衆国への使者となったのがオマーン人だったというお話から始まりました。そして、観光に力を入れているオマーンで、近年続々と建設されている最先端の空港やホテル、観光施設とともに、城や要塞などの歴史的名所、海・谷・動植物といった自然環境の素晴らしさを、豊富な写真でもってご紹介くださいました。出席者からは感嘆のため息がもれるとともに、予定時間より30分も多く講演してくださった大使の熱心さに、感激の声が聞かれました。

まさに、オマーンの隠れた宝玉に魅了された講演会となりました。(写真はクリックすると拡大します。)