イベント情報

天野浩・名古屋大学教授と再訪した最近のオマーン

2019-09-24

 
森元 誠二元オマーン大使/元スウェーデン大使からの寄稿です。

9月10日から13日の間、私は天野教授(名古屋大学未来材料・システム研究所未来エレクトロニクス集積研究センター教授、2014年ノーベル物理学賞受賞者)と共にオマーンを訪問する機会を得ました。前回、2017年の年末にご一緒して以来の再訪です。教授は11日にケンピンスキー・ホテルで250人余りの聴衆を前に講演し、青色LED発見に至る研究成果と目下取り組む課題について説明して好評を博しました。天野教授は青色LEDに次ぐ研究課題として、ワイヤーレスのエネルギー伝導によるInternet of Energyの確立に取り組んでいます。これが実現するとエネルギー・チャージの必要ない電気自動車、将来的には24時間空中に留まることのできるドローンや電気自動車も夢ではなくなります。ただ、その実現には、長距離のエネルギー伝導手段のみならず、受け取ったエネルギーを蓄える小型で軽量の蓄電池の開発を始め多岐にわたる分野の総合的な研究開発が必要になるそうです。興味深いことに、天野教授は規制が多すぎて現状ではドローンの実証実験すら容易でない日本を抜け出て、将来的には広大で規制のないオマーンを候補地の一つとして実験を行う可能性を考えているのだそうです。

ケンピンスキー・ホテルでの講演会後の記念品授与

講演の反響には大きなものがありましたが、ここでは一つだけご紹介したいと思います。それは15日付のアッルウヤ紙に掲載されたハーティム・アル・タイエ社主兼編集長(国家評議会議員)による論評です。そこでは、「ノーベル賞受賞者である天野浩教授の講演を聞く幸運に恵まれたが、この講演において天野教授は現代のサムライの肖像を見せた。国々の発展は、知識、人的資本、科学研究の3つの柱から成っているが、科学研究こそ国家が関心を寄せる中心事項であり、科学研究なしに成長を遂げることはできない。この点において日本は好例である。日本は第二次世界大戦の結果として広島と長崎に核の攻撃を受けたが、この躓きから立ち上がり、日本は世界の強国のひとつとなるため,復興への決意を新たにしてこれを実現させた。日本の復興は『リモコン』のボタンを押して実現したものではなく、すべての日本国民による真剣な努力が結実したものである。天野教授の2回のオマーン訪問を通して、天野教授は講演会に出席した若者たちに対して、イメージとインスピレーションを与えただけでなく、科学の分野だけでなくあらゆる分野においてプレッシャーに負けずに仕事を継続する能力の重要性を紹介した。」とありました。(以下 現地記事: カーソルをあて、クリックするとアラビア語の記事を読むことができます。)
9月15日現地紙論評

オマーンにおける理工学分野の高等教育機関では、国立大学であるスルタン・カブース大学の他に私立大学であるドイツ工科大学(German University of Technology in Oman)があり、そこではドイツのアーヘン工科大学の協力のもとに人材育成が行われています。前回の訪問以来、名古屋大学とドイツ工科大学との学術研究協力の機運が高まっており、今回我々には名古屋大学から天野教授の卓越大学院プログラム(「未来エレクトロニクスDeployer・Innovator・Investigator協働大学院プログラム」)を担当する准教授と工学研究科の助教がそれぞれ1名、それに事務員1名の計3名が同行し、ドイツ工科大学関係者の間で両大学の協力の可能性についても話合いが進みました。

滞在中は、天野教授と共に旧知のハイサム遺産文化大臣やアブドラ寄進宗教大臣も表敬訪問して旧交を温めることができました。私が所属する東京大学教養学部カブース国王グローバル中東研究講座にはオマーンの実業家モハメッド・バフワン氏の寄贈に係るアラブ学のための専門文庫があるのですが、そこの書籍の充実が話題になった際には、両大臣からそれぞれオマーンの遺産文化、イスラム教イバード派に関する図書を寄贈する用意があるとの親切な申し出がありました。10月下旬には寄進宗教大臣顧問が来日して駒場キャンパスで講演を行う予定なので、その機会に目録贈呈式を行うことが出来ないものかと検討しています。

ハイサム遺産文化大臣との会談

今回一つ興味深かった点ですが、ドイツ工科大学はその広大なキャンパスに昨年からフィンランド・オマーン学校を創設し、ユニークな初等教育を開始しました。いずれ中等科にも拡大して、初等・中等教育はフィンランド式、高等教育はドイツ式(+名古屋大学の日本式?)の一貫教育を目指すとのことでした。キャンパス内に病院やホテルを設置する将来構想もあるとのことでしたが、壮大な計画には驚かされます。フィンランド学校には、フィンランド人校長や教師の他に英国人やオマーン人の教職員もいるのですが、これに関連して、算数について短期集中でもよいので日本人教師の派遣が出来ないものだろうかと相談を受けました。オマーン側で宿舎や諸手当てなどは用意される筈ですが、クラブの会員やお知り合いの中にどなたかオマーンで算数を教えてみたいという方はおられませんか。

フィンランド・オマーン学校の校舎と授業風景

フィンランド・オマーン学校の校舎と授業風景

我々の訪問は、丁度シーズンが始まったロイヤル・オペラ・ハウスでの歌劇「カルメン」の観賞で締めくくられました。日本オマーン・クラブの15日付ニュースでも紹介されていましたが、ブエノスアイレス・オペラハウスのオーケストラ演奏の下で歌手、踊り手や合唱団など総勢100名を超える出演者が一堂に登場する舞台は、私がかつて勤務したウィーンやベルリンの歌劇場のオペラと比べても引けを取ることなく、豪華絢爛で大変印象深いものでした。

以下は現地の新聞記事です。クリックすると記事が読めます。9月8日版は2ページ目から英語、9月12日版は全てアラビア語です。

Al Roya p.1 Sept. 8, 2019

Oman Daily p.2 Sept. 12, 2019

オマーンクラブ恒例のサマーパーティ

2019-09-18

 
庭園が美しい広尾の「レストラン シェモルチェ」で、8月22日、日本オマーンクラブの10回目のサマーパーティが開催されました。元オマーン大使の久枝大使ご夫妻やオマーン人留学生、会員の家族、ご友人の参加者を含む75名のご出席をいただきました。

まずは倉友桐さんの司会進行のもと、ジョーンズ会長のご挨拶、そして2012~16年までマスカットで在オマーン大使を勤められ現在明治大学で教鞭をとられている久枝譲治元大使による乾杯のご発声でパーティは始まりました。用意されたビュッフェは、オードブルからメインまで華やかなお料理が並び、加えてデザートの種類の多さに一同大満足でした。

 
そして今年のショータイムはプロのジャズ演奏家の安宅(やすみ)たく様、トオイダイスケ様、ボーカルの濱田麗様による「ジャズエンターテイメント」でした。こちらはジョーンズ会長と安宅たく様が元同僚というご縁で実現したそうです。会場中が濱田さんのパワフルでエレガントな歌声に酔いしれていた頃、突然、全員でスティービーワンダーの名曲を合唱することに!難易度が高く、ついていくのがやっとでしたが、心地よく歌えました。

 
続いては、恒例になりつつある「オマーンクイズ」の時間です。賞品の豪華さも健在で、「オマーンの記念硬貨セット」、「フランキンセンス入り美容オイル等」、「デーツとデーツシロップ」、「高級ワイン」、「オマーンの参考文献、書籍等」、「日オ国交40周年記念切手セット」、「前オマーン駐日大使夫人撮影の写真額」、さらに加えて「アムアージュの香水セット」や「オマーン国銀製コーヒーポット」など、会員の皆様からご寄贈いただいた本当に盛りだくさんの賞品の数々に、皆の熱意も高まりました。遠藤名誉会長の渾身のクイズは相変わらずクォリティが高く、全問正解者はいませんでしたが、最高得点者が複数人と判明し、順位決定はじゃんけんとなり、子供に返ったような楽しさとなりました。「オマーンクイズ」は今のオマーンを学べる大変良い機会になりました。

 
中締めは、当クラブ理事の金川弘美会員による一本締め。皆さん明るい表情で会場をあとにされました。

このパーティー開催に向けてご準備に尽力いただいた、遠藤晴男会員、中江信会員、久保田郁子会員、森田雅男会員、新村和利会員、久保田大二郎会員、石崎裕貴子会員、岩城淳子会員、司会を務めていただいた倉友桐様に深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
(画像はクリックすると拡大します。)

フォトコンテスト「私の見たオマーン」に応募しませんか?

2019-07-01

 
日本オマーン人学生クラブがフォトコンテスト「私の見たオマーン」を行います。
オマーンで撮影した写真で是非ご応募ください。応募詳細は下記をご覧ください。

オマーン人留学生を講師に講演会が開催されました

2019-06-25

 

6月15日(土)、オマーン大使館にて、2019年度第2回講演会が行われました。今回は大使館のご厚意で、特別に週末土曜日の開催です。

今回の講演会は、現在日本の大学院に留学されているオマーン人留学生2名の方がスピーカーです。岩城理事の司会で、まずジョーンズ会長が挨拶され、お二人の紹介と英語の通訳をして下さいました。

最初の講演は、京都大学医学部博士課程のMuna Al Habsiさんです。昨年ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑特別教授の研究室に属し、11月のストックホルムでの授賞式にも同行された方です。笑顔が素敵なムナさん、日本に来た動機は、実はちびまる子ちゃんだった!などユーモア溢れるお話で、たくさんの楽しそうなスライド写真と共に、本庶教授の魅力や研究室での苦労話、授賞式でのエピソードなどを紹介されました。遺伝学を学び、夢は「本庶先生のようになりたい」とのこと、これからのご活躍が楽しみです。Munaさんの「オマーンと日本は地理的なこと以外は驚くほど似ている」との感想が印象的でした。

 
二人目は早稻田大学院生のYousuf Al Busaidiさんです。「お笑いの力」を流ちょうな日本語で講演されました。弁護士のユーセフさん、実は多感な少年時代に、インターネットの動画で日本のバラエティ番組「アメトーク」にはまったことから日本語を覚え、ドラマ「Hero」から法律に興味を持ったとのこと。独学でここまで自然な日本語を習得されたことに脱帽でした!違法であったかもしれませんが、日本の番組がYoutubeでアクセスできたことで、世界規模の影響を与えたことは凄いことだと感じました。気さくで楽しいお話にたくさん笑わせて頂き、明るい「お笑いの力」をまさに体感させられました。

 
また、遠藤名誉会長・中江事務局長・会員の小原さんが、4月末に気温40度のオマーンで採集し、はるばる持ち帰えられた大変貴重な蝶や昆虫の標本も展示され、間近に鑑賞することができました。

その後の懇親会では差し入れのオマーンデーツやハルワを頂きながら、講演者や会員の方々とさらにお話もでき、盛り沢山で有意義なひとときに、充実感いっぱいの講演会でした。(写真はクリックすると拡大します。)

断食明けの食事「イフタールの会」が開催されました。Iftar held in Kyoto and Yokohama

2019-05-31

関西イフタールの会       اللغة العربية

ヒジュラ暦の第9月の一ヶ月間、ムスリムは日の出から日の入りまで飲食を絶つ「ラマダン」を行います。 日没後の食事である「イフタール」には、家族や親戚そして友人が一同に集まり、団欒のひと時を楽しみます。

2019年、日本でのラマダンは5月6日から開始。日本人学生とオマーン人学生の交流の場として、日本オマーンクラブは特にオマーン人留学生が多く集まる関東と関西の二地区でイフタールの会を実施しました。

5月17日金曜日の夕方、関西では京都は京都大学近くのインド料理店「RAJU 百万遍店」にオマーン人留学生7名、日本人学生5名、そして関西在住のクラブ会員4名を含めた総勢18名が集まりました。19時過ぎの断食明けにはお互い「アッサラームアライクム!」や「ラマダンカリーム!」 と笑顔で挨拶を交わし、イフタールの幕開けを共に祝いました。

お皿にたっぷりと盛られたデーツ、スイカやパイナップルなどのフルーツ、羊肉の煮込み やビリヤニ、そしてナンといった多くの食事が並ぶ中、会は鷲見朗子先生の流暢なアラビア語の挨拶で始まりました。会員の江村彩子さんは自身のオマーン滞在経験を綴った著書を紹介され、同じく会員の石川玲於奈さんはアラビア語と日本語によるユーモア溢れる話で場を大きく盛り上げました。

オマーンと日本の文化の共通点、数百種類あるデーツの見分け方、アラビア語と日本語を習得することの難しさ・・・ 日本語、英語、そしてアラビア語が飛び交う、ぎゅっと濃縮された国際交流の時間はあっ という間に過ぎ、お互いに再会を約束して21時半に散会を迎えました。 中には東京でのイフタール振りに再会したメンバーもおり、再会と新しい出会いに満ちたひと時となりました。

関東イフタールの会

5月18日(土)、横浜市内のアラビア料理レストランAlAinにて、関東地区の学生たちを中心としたイフタールの会が行われました。

6時ごろから徐々に参加者が会場に集まりはじめました。 6名の留学生と日本人学生5名、クラブ会員4名の計15名です。宇都宮から三時間かけて駆けつけてくれた留学生が2名いました。日本人学生は日本中東学生会議メンバーと、会員で神奈川大学大川真由子准教授のイスラーム文化研究のゼミ生たちです。日本人学生は、断食の苦労とイフタールの喜びをムスリムと分かち合いたいと、朝から何も食べずに、あるいは昼食を抜いて会に臨んでいました。

日没まではそれぞれが自己紹介をしながら遠藤名誉会長がオマーンから買ってきたお菓子が配られるなか、歓談しました。日没と共に食事開始、滋養に富んだデーツと日の出から断食していた胃にやさしいスープから始まります。次いで、チーズやオリーブの入ったサラダとひよこ豆のペースト、そら豆とひよこ豆のファラフェルやシシカバブなど、様々なアラビア料理が続きました。

日本に来てまだ1か月半の留学生やオマーン人と話すのが初めての日本人学生もいましたが、食事をともにしているうちに打ち解けていき、おしゃべりを楽しみながら次々と料理を平らげます。イフタールはラマダン中の特別な食事ということから、何から食べ始めるか、どんな料理があるかなどに関心が集まりました。

中東の国々のことやメッカへの巡礼の話、日本人になじみのある『シンドバッドの冒険』や『アラジン』などの映画、普段見ている日本のドラマの話などが話題にあがっていました。人気映画『ボヘミアン・ラプソディー』の主人公が、旧オマーン領のザンジバル出身であることが、彼の人生に大きな影響を与えたことを今回初めて知った学生も多かったようです。

来日間もない中、日本語で行う授業に必死についていこうとしている留学生に日本人学生は逞しさを感じたとのこと。一方、宇都宮名物の餃子が好きなど、日本に徐々に溶け込んでいる様子も会話の中で垣間見られました。オマーン人留学生からは、「おいしいアラビア料理とフレンドリーな仲間との会話を楽しめた」「オマーンでのラマダンを彷彿させるいい集まりだった」「日本人とアラビア料理を食べたり、話したりする貴重な機会だった」「思い出に残る特別な時間として大切なムスリム文化を日本人と共有できた」(原文はここをクリック19_Iftar_comments)など、楽しい交流のひと時が感じられるコメントが寄せられました。

アラビア語、日本語、英語が飛び交っていたイフタールでしたが、オマーン人学生が日本人学生に単語を教えるシーンもありました。また、別れ際に呼び止めあって連絡先を交換し合う姿が見られ、学生たちの心に残るものになったようです。

今回のイフタールに参加してくれた留学生と日本人学生たち、大川先生、クラブとしてこの機会を与えてくださった方々に深く感謝します。(小サイズの画像はクリックすると拡大します。)

« Older Entries